2021年1月22日更新:
 過去にやり取りしたメールの文面に返信する形でのウイルス付きメール(Emotet)が
 国内で再び大量に観測されています。
 十分にご注意ください。

※※※以下は実際に観測された添付ファイル名の例です。※※※
 緊急.doc
 緊急事態宣言.doc
 在宅勤務実施概要.doc
 新型コロナウイルス感染症への弊社の対応に関するお知らせ.doc
 サービスのご提供に関するお問い合わせ先.doc
 知らせ.doc
 アンケート.doc
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2020年9月9日更新:
 Emotetの攻撃メールが2020年9月に入り、さらに急増しています。
 さらに「パスワード付きのZIPファイルを添付したEmotetの攻撃メール」
 が確認されており、この手口では、添付ファイルが暗号化されていること
 から、メールセキュリティの検知・検疫をすり抜け、受信者の手元に
 攻撃メールが届いてしまう確率が高く、より注意が必要です。

実在の人物や組織になりすましたメールに添付された、悪質なWord文書ファイルを実行し、コンテンツを有効化することで感染する、Emotet の感染事例が増えています。

メールファイルに添付されているファイルの実行、コンテンツの有効化は絶対に行わないでください。

添付ファイル例

Emotet に感染した場合、次のような影響が発生する可能性があります。

– 端末やブラウザに保存されたパスワード等の認証情報が窃取される
– 窃取されたパスワードを悪用され SMB によりネットワーク内に感染が広がる
– メールアカウントとパスワードが窃取される
– メール本文とアドレス帳の情報が窃取される
– 窃取されたメールアカウントや本文などが悪用され、Emotet の感染を広げるメールが送信される

Emotet の感染を予防し、感染の被害を最小化するため、次のような対応を実施することを検討してください。

– Word マクロの自動実行の無効化 ※
– OS に定期的にパッチを適用 (SMBの脆弱性をついた感染拡大に対する対策)

Microsoft Office のセキュリティセンターのマクロの設定

詳しくは以下をご確認ください。
マルウエア Emotet の感染に関する注意喚起
参考:JPCERT/CC