日本学術振興会を装った科研費の繰越申請に関する不審なメール
(標的型メール攻撃)が送られているという情報が確認されました。
 今のところ、当該メールは本学には届いていないようですが、
他大学で確認されておりますので、以下をご確認いただき、
十分にご注意くださいますようお願いいたします。

 当該メールは、送信元メールアドレスはフリーメールになっており、
そこで不審メールと判別できます。
添付ファイルは開くとマルウェアに感染しますので、絶対に開かない
で下さい。

参考:{日本学術振興会による注意喚起,https://www.jsps.go.jp/alert/index.html}

—– 不審メールの内容 —–

[送信元メールアドレス]
   xxxxxxxx@gmail.com  ※フリーメール(Gmail)のアドレスです。

[件名]
 【H29科研費】繰越申請について

[添付ファイル]
 【H29科研費】繰越申請について.zip

お世話になっております。
 今年度の科学研究費助成事業(科学研究費補助金)の
繰越についてお知らせいたします。
 翌年度に繰り越すことができるのは、計画の変更等に伴い当該年度中に使用する
 ことができなかった科研費です。例えば、研究計画の終了後に余った科研費は、
 繰越の対象にはなりません。
■申請の有無についての回答期限
 平成29年1月26日(木) 12時【厳守】
■○○係提出期限
 平成29年2月2日(木) 12時【厳守】
―――共通――――――――――――――――――――――――――――――
 ※特別研究員奨励費の場合、最終年度の方は科研費を繰り越すことができません。
※基金化されている課題については、手続きなく繰越が可能です。
※他機関から配分を受けている分担金の場合、繰越申請は代表者の研究機関にて
取りまとめます。締切は各所属機関によって違いますので、速やかに代表者の
先生にご連絡ください。
ご不明な点がございましたら、○○係までご連絡くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
―-
日本学術振興会 ○○係
○○ ○○
xxxx@jsps.go.jp
 TEL:03-3263-xxxx
 FAX:03-3221-xxxx

—– ここまで —–