実在する本学関係者を装った不審なメール(標的型メール攻撃)が
学生や教職員宛に届いていることが確認されています。

 メールの送信者の名前やメールアドレスが実在する教職員のもので
あっても、不審なメールを受信した場合は、メールごと削除するか、
無視して、安易に添付ファイルを開いたり、メールの中に記載されて
いるURLをクリックしないように十分注意してください。
   
 もし、不審なメールの添付ファイルを開いたり、URLをクリックすると、
悪意のあるプログラム(マルウェア)がPCにインストールされ、PC上の
情報が盗まれたり、破壊されたり、PCが遠隔操作されるなどの被害が
出る恐れがあります。

 最近では、宅配便業者や郵便局など実在する企業・団体を装った
標的型メール攻撃も数多く確認されていますので、あわせてご注意ください。