昨今、ECサイト(Amazon、楽天等)、銀行、クレジットカード会社を騙る、フィッシングメールの増加が確認されております。
主な目的はアカウント、パスワード、クレジットカード情報の搾取となります。

内容を見て本物のメールと見分けがつかない場合には、メールに記載されているリンクは使用せずに、普段使用しているブックマークや、アプリケーションからアクセスし、実際に問題が発生しているかご確認ください。

参考に増加傾向にあるフィッシングメールのタイトルを記載いたします。
・【重要】三井住友カード株式会社からの緊急のご連絡
・【重要】三菱UFJニコス銀行「Net Branch」ご利用確認
・利用中の楽天会員設定が失効しました
・<重要:注意喚起>Amazon.co.jpの緊急のご連絡

また、「フィッシング対策協議会」の「緊急情報」に、増加傾向のフィッシングメールと、リンクをクリックした際に表示される、本物そっくりに偽装されたHPを確認することができます。
不審に思った際には、こちらもご確認ください。

参考:フィッシング対策協議会
https://www.antiphishing.jp/