先週末頃からニュース等で報道されておりますが世界各国で
被害が確認されておりますランサムウェア(身代金要求型ウイルス)
の「WannaCrypt」について、十分にご注意くださいますようお願い
いたします。

ランサムウェアに感染すると、ファイルが暗号化され、身代金を
要求する画面が表示されます。
また、感染端末からアクセスできるファイルが全て暗号化される
可能性があり、さらに感染した端末からネットワークを介して、
他の端末に次々に感染拡大する恐れがあります。

以下、対策方法等になりますので、ご確認をお願いします。

○対策方法
1.不審なメールの添付ファイルの開封や
  URLリンクへのアクセスは絶対に行わない

2.Windowsの脆弱性の解消のため、WindowsUpdateを実施し、
  最新のセキュリティ更新プログラムまでインストールする。

3.ウイルス対策ソフトの定義ファイルを最新に更新する

上記2.について、今回はマイクロソフトにより既にサポートが
切れているWindows XP等の修正プログラムも例外的に公開されて
いますので、あわせてご確認ください。

また、ランサムウェアに感染した場合、元の状態に復旧することは
難しいため、バックアップを定期的に行うことを推奨いたします。

参考情報:
 ・JPCERT/CC ランサムウエア “WannaCrypt” に関する注意喚起
   https://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170020.html
 ・IPA 世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されている
  Microsoft製品の脆弱性対策について
   https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html
 ・マイクロソフト ランサムウェアWannaCrypt攻撃に関するお客様
  ガイダンス
   https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2017/05/14/ransomware-wannacrypt-customer-guidance/